牧師紹介(小田彰)

小田彰牧師

伝道事務所「ライトハウス」代表
田園調布チャペル牧師


1947年8月16日千葉県船橋市に生まれる。
1960年受洗。

一時キリスト教に反発した青年時代を過ごしたが、1967年10月10日、聖霊に満たされる。

明治学院大学在学中に音楽伝道を志し、中田羽後師に師事。
聖歌学、発声法、大衆賛美指揮法を学ぶ。

1974年8月渡英。
オールネイションズ神学校に入学、バックストン師の指導を受け、1976年按手礼を受く。
その後英国国教会オールソールズ教会副牧師に就任。

1978年帰国、国内・国外での伝道活動を開始。
1982年伝道事務所ライトハウス設立。
1992年よりCFI(チャペルフェローシップインターナショナル)を開始しそのネットワークは全国に、また海外に拡大している。

小田彰牧師とライトハウスの歩み

1960年
インマヌエル教会で、12月25日受洗。
1967年
10月10日聖霊に満たされ献身し明治学院大学在学中に、伝道を開始。
1968年
音楽伝道を志し中田羽後師に師事。
1970年
日本イエスキリスト教団荻窪栄光教会に転会し超教派集会で音楽奉仕。
平行して御徒町神戸医院ビル集会、及び大宮中央病院チャップレンを通し医療伝道。この病院伝道は今日まで40年以上続いている。
1974年
バックストンの感化を受け、英国オール・ネイションズ神学校に留学。
1976年
アンスティ・チャペルで按手礼を受ける。その後神の格別の計らいで英国国教会ロンドンのオールソールズ教会の協力牧師となる。
1978年
帰国し、日本キリスト教団清水丘教会協力牧師となる。
1980年
ビリーグラハム国際大会、福岡と東京で通訳を担当し巡回伝道を志す。
1982年
小田彰伝道事務所(ライトハウス)を設立、巡回伝道者となる、並行的に埼玉県北本福音キリスト教会を設立、開拓伝道を志す。
1990年
青山チャペル開始。
1992年
CFI(チャペル フェローシップ インターナショナル)を設立。
1995年
自由が丘チャペルに移転。
2000年
田園調布に新会堂を建設移転。
2002年
チャペルは宗教法人「田園調布チャペル」となる。
2007年
小田牧師、還暦を期に志を新たに全国的に伝道を展開(ミッションファイブ)する。
2008年

▲ページTOPへ

小田彰牧師のきょうのことば 03-3717-5108 小田彰牧師のメッセージ。テレホンサービスで24時間ご利用できます。
牧師のことばを、より身近においておきたい方のために…。

牧師のことばを、より身近においておきたい方のために・・・。

信仰と時代に即応したメッセージ 自由が丘・奥沢・多摩川・雪が谷大塚・石川台
ライトハウスの外観毎週日曜日11時〜礼拝式

東京都大田区田園調布2-46-3
Tel : 03-3717-2711(代表)
(東急東横線 田園調布駅下車 
徒歩7分です。)

自由が丘・奥沢・多摩川・雪が谷大塚・石川台 自由が丘・奥沢・多摩川・雪が谷大塚・石川台